勉強時間の長続きに大切なこと

長く勉強をしていると肩が凝ったり腰が痛くなったりしますね。

なぜでしょうか。

何かに集中するとずっと同じ姿勢で続けてしまうものです。
気づかない間に無理な力が入っているため、その部分が緊張して血行が悪くなってくるのです

子供が勉強をしているとき、よけいな力がかかっていないか見てあげてください。
首や肩などを触って固くなっているときは、力を抜いてあげるようにアドバイスしたり、リラックスさせる工夫をしてみたらどうでしょうか。

座るときも力んだ状態では勉強を長く続けると疲れがでます。
特におなかの力を抜いたほうが情緒は安定するので、上手に力を抜くことが大事です。

自然に正しい姿勢をとれるのが望ましいですね。

正しい姿勢では集中力も長続きします。
子供の姿勢と集中力を検証